転職

IT業界における転職のやり方は?手順とノウハウのまとめ

猫画像12

皆さんこんにちは。まいてぃです。

今回はIT業界における転職のやり方や、ノウハウについてまとめてみました。

他の業界でもそんなに変わることはないと思いますが、

若干IT業界特有の部分があります。

IT業界における転職活動に不慣れな方向きの記事なので、

慣れた人には途中まで少し退屈かもしれませんが、

後半で転職活動のノウハウについてまとめていますので、最後までお付き合いいただけたらと思います。

まいてぃの履歴書がガタガタでもエンジニアとしてやってこられたのは、ひとえにこのノウハウがあったからです。

この転職のノウハウは転職活動をする人にとって価値が高い情報だと思うので、最後まで見逃さないようにしてください。

では早速参りましょう。まずは一つ目です。

転職エージェントに登録する

Person

これはIT業界独特というわけではありません。

基本的に現代の就職活動・転職活動はエージェントに登録して申し込むことが多いと思います。

転職エージェントは、私たちを企業に紹介し、入社させることで紹介料を得て成り立っています。

そのため、応募者を合格するために様々な工夫をしたり、サポートをしてくれます。

エージェントを通さないで企業のWEBサイトから企業へ直接応募することもできますが、

エージェントを通した方がなにかと便利で楽ですね。

まず企業の求人情報が一か所にまとまっていて、

自身のプロフィールなどを使いまわすことができるため、簡単にまとめて応募することができますし、

日程調整などもエージェントを挟んだ方が気軽にできます。

僕も就職活動に不慣れな頃は企業に直接応募したりしていたのですが、

転職エージェントを利用するようになってからはエージェントに頼るようになりました。

転職活動は結構たいへんですから、できるだけ効率化するためにもエージェントを使用することをおすすめします。

履歴書・職務経歴書(スキルシート)を作成する

人の画像

履歴書を書くのはどこの業界でも同じですね。

しかし、他の業界と少し異なっている部分として、IT業界においてはスキルシートというものが存在します。

自分が過去に経験したプロジェクトについて、担当した工程や開発環境、使用したプログラミング言語などを一個一個まとめていきます。

他の業界でいうところの職務経歴書が、このIT業界のスキルシートに該当し、一緒のものだと思っていただければと思います。

転職エージェント毎に履歴書と職務経歴書のフォーマットが違っていたりすることがあるので、

基本的には先に転職エージェントに登録してから履歴書と職務経歴書を書くことになります。

これは、転職エージェントによって違うのですが、

エージェントによっては「WEB履歴書」などの項目があり、そこで情報を登録することで、

履歴書を作成して各企業向けに使いまわしたりすることができます。

実際はエージェントによってやり方が違うため、登録したエージェントのやり方に従うようにしてください。

求人へ応募する

人の画像

WEB履歴書などの入力が終わったら実際に求人へ応募します。

仕事をしながらの転職の場合、まとめて応募してしまうと少しスケジュール調整がたいへんになったりしますが、

基本はまとめて複数の案件に同時に申し込むことになります。

一個一個応募して結果を待っていたのでは到底決まりませんので、一度に5社~10社程度同時に申し込むと良いと思います。

メールで企業との日程調整を行い、面接に臨む

人の画像

求人への申し込みを行った後は、企業もしくは転職エージェントからメールが来るため、メールで日程調整を行います。

働きながらの転職を考えている人は、問題なく会社の休みが取れそうな日を指定するようにしましょう。

日程調整が済んだら面接です。

メールに持ち物が書いてあるので、忘れないようにして面接に臨みましょう。

面接は想定される質問に対し、想定問答集を作成しておくことが理想です。

全ての企業に対し想定問答を作成することは難しいと思いますが、志望度が特に高い企業に対しての想定問答はできるだけ作成しておきましょう。

転職活動のノウハウ

転職活動にはいくつかのコツがあります。

・転職エージェントを上手に活用する

・履歴書、職務経歴書は電子文書として保存し、保管しておいて使いまわすようにする

・手書きの職務経歴書などを要求する企業の求人は非効率なので無視する

・求人には複数同時に応募する

・想定問答集を作成し、面接で何を聞かれたらどう返答するのかを事前に明確にしておく

以上が重要なポイントですね。基本的に、毎回一から履歴書と職務経歴書を作成するという手間は絶対に避けたいところです。

電子文書で一度作成したものを大事に保管しておき、企業の求人内容に応じて志望動機や自己PRのみカスタマイズするようにします。

基本はパソコンで、手書きを要求する会社は非効率なので応募しないようにしましょう。

WEB履歴書などを登録しておくことができる転職エージェントのサイトを利用していれば、これが当たり前のようにできるようになっているんですね。

使ったことがある人はその便利さを知っていると思うのですが、これまで直接応募などで企業を受けていた方は参考にしてください。

まとめ

以上が転職活動の手順とノウハウになります。

想定問答の例や、履歴書・職務経歴書(スキルシート)の作成例など、もっと具体的な内容は今後記事にしていけたらと思っています。

ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

IT業界は良いことばかりではありませんから、転職を志す人は多いと思います。

効率的で実のある転職活動を行っていきましょう。

転職をお考えの方はこちらから

ITエンジニアへの転職をお考えの方は、レバテックキャリアがおすすめです。


社内SEへの転職をお考えの方は、下記の「社内SE転職ナビ」が鉄板です。客先常駐が嫌で、社内SEになりたい方はこちらで手厚いサポートを受けて社内SEとなることが可能です。


自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

WEBデザイナーやゲームプログラマーなど、クリエイター職における転職をお考えの方は「マイナビクリエイター」で決まりですね。こちらはクリエイターの転職に特化した転職サイトです。WEB系、ゲーム系の方はこちらを利用すれば間違いないでしょう。



【マイナビクリエイター】