仕事の悩み

朝会社に行くのが辛い時、どうすればいい?

猫画像9

皆さんこんにちは。まいてぃです。

皆さんは朝会社に行くのが辛いときってありますか?

無理して会社に行ってませんか?

無理して会社に行って鬱や統合失調症などになってしまうサラリーマンの方が少なくないです。

会社を休んでも罪悪感で精神を病んでしまったりなど、板挟みになることも少なくないですよね。

どういう選択を取るのが、僕や皆さんの人生にとって最良なのでしょうか。

ちなみに僕は何度も転職しています。

どういうこと?なんで転職したの?

はい。その理由は、僕が所属していたほとんどの会社が、価値のない会社だったからです。

サラリーマンは、常に自分の会社の価値を査定すべし

世の中には価値のない会社がたくさんあります。

この場合の価値とは、資産の価値などではなく、

サラリーマン視点で「その会社にいることにどれだけのメリットがあるか」ということです。

世の中にはブラック会社などにでもしがみついてしまう人はいっぱいいますが、

本当にしがみつくほどの会社でしょうか。

僕は、僕のように転職回数が多く、大手企業はもう無理、という人は

嫌になったらさっさと辞めて転職するなり、

会社に行けない精神状態の時などは事情を話して休むなりすればいいと思うんです。

僕が例えばyahooやgoogle、microsoftの社員だとしたらしがみつく理由はあります。

でもそうじゃない。

そうだとしたら、会社を休むくらいたいしたことではありません。

特に転職が容易なIT業界の人はそうです。

しかし、僕と似たような境遇の人でも会社にしがみつく人が結構いるんですよね。

なぜそこまでして会社に行くのでしょうか。

日本人には、会社で働くことが美徳だという価値観が浸透しています。

そして、そこから外れた人を蔑視する傾向があるんですね。

もちろん全員が全員ではありませんが、こういう傾向があります。

だから「外れる」ことを恐れる人が多いのです。

弱い立場のサラリーマンは常に複数の選択肢を用意せよ

これは僕もそうなんですが、転職を繰り返してしまったり、

立場の弱いサラリーマンは、常にいくつかの生活手段を用意せておけなければならないと思うんです。

僕は今フリーランスエンジニアとして働いていますが、

会社員の時代からフリーランスエンジニア向けの複数の転職エージェントに登録していました。

いつ会社にクビを切られてもいいように、ですね。

この生命線を用意しておけば、その安心感から会社で強気な態度を取ることもできるわけです。

yahooやgoogleのような安定した会社の社員でない人は、

無理に会社に固執せず、ある程度自由にやればいいと思っています。

特にIT業界の人は、例え今の会社をクビになって転職したとしても、

そんなに生活水準が落ちることはないと思いますよ。

IT業界においては、たとえ辞めてしまってもスキルが蓄積されているし、

キャリアも少しずつ豊富になっていきますから。

キャリアシートもどんどん埋まっていって、経験が減ることはありません。

それに、むしろ会社を辞めてフリーランスに転向すれば給料が上がるくらいです。

ちなみに僕はフリーランスになって給料が跳ね上がりました。

フリーランスは難しいのか

フリーランスというと、不安定で収入が安定せず、

確定申告なども難しいというイメージがあると思います。

また、未経験の方は、未経験でもフリーランスエンジニアになれるのか、という疑問もあると思います。

まず確定申告についてですが、変に難しいイメージがついていると思いますが、

はっきり言ってそんなに難しくないです。

難しいのは、個人商店など経営して取引の数が多い人の場合です。

フリーランスエンジニアの場合は経費なども少ないですし、簡単です。

最近はe-taxなどネットでも行えますし、日頃から領収書などちゃんとまとめておけば、

一日で終わるレベルです。

確かに青色申告となると少し知識がいりますが、

多くのフリーランスのエージェントはその辺のサポートも用意してくれていますし、

極端な話これも本一冊読めばすむんですよね。

例えばこれとか、

これですね。

しかし皆さんが本を買わなくても済むよう、今後当ブログで

確定申告の詳しいやり方をまとめていこうと思っています。

それまで少々お待ちください。

どうしても今知りたいよ、という方は上記の本を買って読んでいただけたらと思います。

次に、未経験でもフリーランスエンジニアになれるのか、という皆様の不安ですね。

これについては、エンジニア未経験でもサポートしてくれるフリーランスエンジニア向けエージェントがいくつもあります。

そこに登録すれば、未経験者向けの案件を紹介してもらうことが可能です。

そのため、未経験でも簡単にフリーランスエンジニアになることができます。

結論

今回の要点は以下です。

今回の要点

・常に会社を査定せよ。会社の価値があなたにとって低いならば、無理をせず会社を辞めるなり、堂々と休めば良い

・複数の選択肢を用意せよ。フリーランスエンジニアの選択肢はあなたにとってセーフティネットとなるかもしれない。

・フリーランスエンジニアは難しくない。エージェントに登録すれば、サポートを受けて簡単にフリーランスエンジニアになることができる。

ちなみに下の方にフリーランスエンジニア向けのエージェントを紹介していますので、

フリーランスエンジニアになりたい方はぜひ活用してみてください。

フリーランスSEへの転向をお考えの方はこちらから

以下はフリーランスエンジニア大手のギークスジョブです。フリーランスエンジニアになるならまずおすすめしたい業界最大手クラスのエージェントです。




【業界トップクラス!】フリーエンジニア向け案件なら⇒ギークスジョブ

以下はフォスターフリーランスです。案件数も豊富で高単価で申し分のないエージェントです。




ITエンジニア専門のエージェント【フォスターフリーランス】

フリーランスではなく社内SEがいいよ、という方は下記の「社内SE転職ナビ」が鉄板のおすすめです。


自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ