IT入門

初心者におすすめのプログラミング言語4選!!

猫画像2

皆さんこんにちは。

フリーランスエンジニアのまいてぃです。

今回はプログラミング初心者向けの記事ということで、

おすすめのプログラミング言語について述べさせてもらいたいと思います。

なぜ今回の記事を書こうと思ったかというと、

初心者の方がプログラミングを学ぼうと思った際、

言語選びを間違えることで、

今後のキャリア形成や人生設計において大きく出遅れてしまうのではないかと

考えたためです。

このブログは多くの人に役立つコンテンツを目指しておりますので、

真実を述べ、最短で利益を得てもらうことを目的としています。

多くの人が僕のブログに共感し、その結果として僕のブログが成長できたのならば

WIN-WINの関係ですし、理想の関係を築けるのではないかと思っています。

ということで早速参りましょう!

まず、おすすめの言語1つ目です。

C言語

まずはお馴染みのC言語です。

なぜC言語を最初に学んでおくと良いのかというのを初心者の方に説明するのは少し難しいので、

以下の説明については読み飛ばしていただいても構いませんが、

具体的には以下のような理由があります。

まず、C言語はポインタやアドレス演算、ビット演算といった基本を忠実に学ぶことができます。

特にポインタの概念は重要です。

C++やjavaなどといった様々な言語もC言語で作られていますから、

C言語をきちんと学んでおくと、

他の言語を学習している際に詰まったとき、なにが原因かという想像がつきやすいです。

これらの説明はここでは省略いたしますが、

これらの概念というのはどの言語を使っても必要ですし、

これらの基本を学んでいないと、

結局どの言語を学んでもつまずいてしまうんじゃないかなと思いました。

また、javaやC#.NETのようにガベージコレクションと呼ばれる自動のメモリ管理機能を持たないため、

malloc、callocという関数でメモリを確保し、

使い終わったらfree関数で解放するという、メモリ管理の基本を学ぶこともできます。

これらはもっと高級な言語、すなわち、

ライブラリやAPIといった便利な機能をふんだんに使い、

より簡単にアプリケーションを開発できる言語においては、

あまり意識しなくても良い機能なのですが、完全に知らなくてよいというわけにはいきません。

また、C言語の開発環境ですが、

GCCコンパイラなどのフリーコンパイラをインストールして、

自分でコンパイラの実行ファイルを実行してコンパイル・リンクを経験してみるのが良いかもしれません。

現在はVisualStudioのように統合開発環境と呼ばれる、

ビルドをかけるだけで自動でコンパイル・リンクを行ってくれる開発環境が主流となっていますが、

自分で手動でコンパイルやリンクをする経験を積んでおくことで、

VisualStudioがビルド中になにをしてくれているのか、といったことも理解できるようになります。

初心者の方にはこの説明はわかりずらかったかもしれません。

しかし結局僕はなにが言いたいのかというと、

C言語を知らないと他の言語を学んだ際に訳が分からずつまずいてしまう恐れがあるということです。

僕自身はたまたまC言語→java→C++→C#といった順番で学ぶことができたため、

変なところでつまずいたりというのは少なくすみました。

基本を忠実に学んでいきたい、という方にはまずはC言語から始めるのがおすすめですね。

C#

次に僕が学ぶべきだと思うのがC#です。

C++も良いのですが、現在マイクロソフトが力を入れて作ってくれていると思われる

UWPなどのアプリケーション開発用のプラットフォームは、C#を開発言語として採用しているためです。

将来的に安定した需要が見込まれ、.NET Frameworkとの相性が非常に良いです。

Windows環境下でのデスクトップアプリケーション開発においてこのC#は強みがあります。

マイクロソフトが好きな方は、このC#を学んでおけば間違いないでしょう。

.NET Frameworkは様々なプラットフォームで使うことができ、

C#を学べば.NET Frameworkを学ぶことができるというのは大きな利点です。

また、最近はxamarinというプラットフォームで、

C#でiOSやAndroid向けのモバイルアプリ開発も行えるようになってきています。

素晴らしいですね。

Java

お次もお馴染みのjavaですね。言わずと知れた超有名な高級の開発言語です。

僕はjavaはシステムエンジニアとなったばかりの頃に軽く勉強していただけで、

正直いってあまり詳しくはないのですが、

Webアプリケーションなど、サーバー上で動くプログラムなどにおいて特にシェアが大きいイメージがあります。

もちろんサーバーだけでなく、なんにでも使われています。

Androidアプリなどにおいてもこのjavaが使用されていますね。

javaを学んでおけばシステムエンジニアやプログラマーとしては安泰といったイメージがあります。

鉄板のプログラミング言語といって差し支えないでしょう。

迷ったらjava、これは間違いないです。

システムエンジニアになったら営業担当者の方に「javaやりたいです」と呪文のように唱えましょう(笑)

PHP

PHPはWEBで使われているサーバサイドスクリプトです。

正直僕も以前運営していたWordpressサイトで少し触ったくらいであまり詳しくはないのですが、

WordPressサイトをアニメーションさせたり、動的に動かしたいときなどにこのPHPが役に立ちます。

WEB系の人におすすめのスクリプト言語ですね。

こちらは仕事でも使えるし、プライベートでも使える感じの言語です。

javaと同じく案件数も豊富で、無駄にならないと思います。

WEB系で食べていきたい方はぜひ学んでおきましょう。

結論

今回は4つのプログラミング英語を挙げさせていただきました。

C言語は現在組み込み系以外ではほとんど使われないため、

完全に入門者の勉強用として挙げさせていただきましたが、他の3つの言語は

どれも需要があって、仕事をするのに困らないスキルを身につけられるものです。

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

需要があるかないかという判断基準としては、

フリーランスのエージェントの案件紹介などを参考にさせていただいたので、2018年現在でも

非常に案件数が多く需要がある言語ということは保証しますので、

安心して勉強に取り組んでもらえたらと思います。

SE・プログラマーを目指したい方はこちらから

TECH::CAMPは最も知名度のあるプログラミングスクールです。月会費もお手頃でコスパが良いのでお勧めです。

エンジニアにも良いのですが、プログラミングを学びたいビジネスパーソン向けです。



本気でITエンジニアになりたい方はこちらのTECH::EXPERTか、またはTechAcademyがお勧めです。


TechAcademyはオンライン限定ですが、料金が安いためオススメのプログラミングスクールです。